7月発売のラッシュデュエルボックスが予約開始
驚愕のライトニングアタック!! BOXをAmazonで予約

ラッシュデュエルのルールを詳しく解説!今までの遊戯王と別物?

ラッシュデュエルの基本ルール

デッキの枚数は40枚〜60枚
初期の手札は4枚
初期ライフポイントは8000
と初期の手札枚数以外は現在のOCGと変わりません。

初期の手札が4枚ということで後に「エフェクト・ヴェーラー」といった手札誘発系のカードが登場したら、OCGより引きづらいことになるので、先攻のほうが有利なルールではあります。

ラッシュデュエルにおけるフィールド

モンスターゾーンが3つ
魔法、罠ゾーンが3つ
フィールドゾーンが1つ
マスタールールと同じ場所にデッキ、EXデッキ、墓地を置くゾーンがあります。

OCGと違い、Pゾーンとリンクゾーンは存在しません

モンスターゾーンと魔法、罠ゾーンがそれぞれ3つのため、OCGと違い、カードを置ける枚数が減ってます。

遊戯王デュエルリンクスのフィールドと同じ枚数になっているのが特徴でしょう。

ラッシュデュエルの流れ

ドローフェイズ→メインフェイズ→バトルフェイズ→エンドフェイズ
スタンバイフェイズとメインフェイズ2が存在しないのが特徴でプレイをする流れが単純化されています。

ラッシュデュエルの進め方

ドローフェイズ

先攻1ターン目も含めて手札が5枚になるようにドローします

手札が5枚以上であっても必ず1枚ドローします。

手札の上限はありません。

メインフェイズ

手札からモンスターを何回でも通常召喚ができます。

魔法カードの使用とセット、罠カードのセットもメインフェイズで行います。

バトルフェイズ、エンドフェイズは現在のOCGと名称は変わりませんが、変更が分かり次第、記載します。

ラッシュデュエルでのモンスター効果について

テキストには記載されていないので注意が必要ですが、フィールドのモンスターの効果はそのモンスターがフィールドに表側表示でいる限り、1ターンに一度ずつしか効果を発動出来ません

ラッシュデュエルのルールのまとめ-OCGとは別物-

初期手札は少なくなっているがドローフェイズに5枚になるようにドローできます

5枚を上回っていても1枚はドロー出来るので一度にデッキから加わるカードの枚数が多いです。

通常召喚に制限がないので大量のモンスターを一気に出すことが出来ます

OCGとは比べ物にならないほど自由なプレイが可能になっています。

フィールドに出せるカードは減っているのでカードを使うのに工夫が必要になっています。

 

タイトルとURLをコピーしました