7月発売のラッシュデュエルボックスが予約開始
驚愕のライトニングアタック!! BOXをAmazonで予約

【遊戯王セブンス】第5話 「ルーク、男の闘い」あらすじと感想 デュエル内容

アニメ感想

遊戯王セブンス第5話 「ルーク、男の闘い」あらすじ

ゴーハ社の裏工作によって、ラッシュデュエルに関する動画・情報が次々とネット上から消去される事態に発展。

しかし遊我は「大企業のゴーハ社がラッシュデュエルを見逃せない存在へと成長」したことに喜びます。

ラッシュデュエルの地位を向上させるため、まずは小さなことからと、工作されにくいであろう学校新聞(アナログ)の取材を受ける事にしようとした遊我たち。

しかし新聞部によりラッシュデュエルは「底の浅い子供だましのルール」「デュエルへの冒涜」と報道されていたのでした。

ラッシュデュエルを研究しつくしたと自負する新聞部部長に対しルークが立ち上がる、遊我がデュエルをしない初めての回です。

生徒会長「ル、ルークくんがまともなことを!?」

ルーク君はやっぱりそういうキャラなんですね……

第5話 「ルーク、男の闘い」感想

ラッシュデュエルは発売した現在でこそ「ルールがわかりやすく遊びやすい」「親しみやすい遊戯王」だと一定の評価を得ています。

しかし発表直後は「つまらない」「ださい」などネガティブなキーワードで検索されているのが多かったルールでもありました(現在は幸い、こういったネガティブなキーワードで検索されることは少なくなりました)。

ある意味第5話はこういった新聞部の部長のような遊戯王ユーザーを予想していたのではないでしょうか?

その上で「ラッシュデュエルは奥が深いんだ」と伝える回だったのであれば、これほどプロモーションに優れた回はないと思います。

ルールを開発したゲームマスターの遊我がラッシュデュエルが面白いというより、プレイヤーであるルークが「ラッシュデュエルは面白い」と言ったほうが説得力が増しますね。

以下はデュエルに使用されたカードです。

配達マシン・ブーン

★1 地属性 機械族・通常
ATK/0 DEF/200

新聞部部長が使ったカード。先攻1ターン目でセットされました。

その後もリリース要員として使われることになります。

竜の祈り子・ドラゴンバット・輝岩竜(ドラゴライト)

ルークが後攻1ターン目で召喚したカードたちです。

貫通!

ルークが輝岩竜(ドラゴライト)に発動させました。新聞部部長の裏守備の配達マシン・ブーンを攻撃しダメージを与えました。

事件です!

通常罠
【条件】自分フィールドの守備表示モンスターが戦闘で破壊された時に発動できる。
【効果】相手に300ダメージを与える。

配達マシン・ブーンが倒された時に新聞部部長が発動しました。

新聞部に「まんまと罠にはまった今のお気持ちは?」とNDKされていましたが「単なるかすり傷だ」とルークは答えていました。

本当にかすり傷だと思います(苦笑)

効果も弱く、アニメによくあるライフ調整用オリジナルカードかと思われます。

現場からは以上です!

通常罠
【条件】相手モンスターの直接攻撃宣言時、手札のモンスター(機械族)1体を墓地へ送って発動できる。
【効果】相手に300ダメージを与え、その後バトルフェイズを終了する。

竜の祈り子のダイレクトアタックを阻止しました。特報マシン・タフロイドが手札コストにされました。

手札コストが縛られているとはいえ、かなり強い効果を持っていますね。

コストが指定されており使いこなすのが難しいですがハマれば強い玄人向けのカード。遊我からも新聞部部長のその戦略と実力を高く評価をしました。

特報マシン・タフロイド

★8 地属性 機械族 ATK/2300 DEF/1600
【条件】デッキの一番上のカードを墓地へ送って発動できる。
【効果】相手はデッキの上からカードを5枚めくる。このカードの攻撃力はターン終了時まで、[効果でめくったモンスターの数]×100アップする。その後、めくったカードは相手の好きな順番でデッキの一番下に戻す。

新聞部部長の切り札です。「この圧倒的な報道攻撃からは逃げられませんよ」が決め台詞。

効果発動時のセリフは「スキャンダル・ブレイク!」

上から5枚のカードを確認しモンスターの数だけ攻撃力をあげますが、そのあとデッキの下に送る効果も強力。

ルークの切り札の連撃竜ドラギアスをデッキの下に送っています。切り札を封じつつ攻撃力を上げて新聞部部長が勝利を確信しました。(それってフラグですよ!)

今回のデュエルでは強力カード「シンブンシン」により3体召喚されています。

シンブンシン

通常魔法
【条件】なし
【効果】自分フィールドのモンスター(機械族)と同じカード名のモンスター1体を自分の墓地から自分フィールドに表側表示で特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターは直接攻撃できず、効果は無効になる。

機械族をコピーできるという点ではOCGの機械複製術を思い出すカードですね。ラッシュデュエルでぜひカード化してほしい強力なカードです。

2回発動し、2体目の特報マシン・タフロイド、3体目の特報マシン・タフロイドを特殊召喚しました。

かなり強力なカードだと思います。

ただし効果が無効になるので魔将ヤメルーラの攻撃力・守備力を特報マシン・タフロイド単体では超えられないのが残念です。せっかくの特殊召喚なのに。

竜の執念

通常罠
【条件】相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
【効果】自分の墓地のモンスター(ドラゴン族)1体を選んで、攻撃してきたモンスターの攻撃力をターン終了時まで[この効果で選んだモンスターのレベル]×100ダウンする。その後、選んだモンスターをデッキに戻す。

輝岩竜(ドラゴライト)が特報マシン・タフロイドに攻撃され、トドメをさされかけたルークが発動した罠カードです。

レベル3モンスターの竜の祈り子を選択し、デッキをシャッフル。ルークはライフを残り100で耐えることができました。

ドラゴニック・プレッシャー

お互いのフィールドのモンスターを全て破壊し、自分の墓地のモンスター(レベル4以下/ドラゴン族)1体を選び、自分フィールドに表側守備表示で特殊召喚できるカードです。

特報マシン・タフロイドをすべて破壊し、ドラゴンズ・セットアッパーを特殊召喚しました。

報道魂

通常罠
【条件】相手ターンに、自分フィールドの表側表示モンスター(機械族)が効果で破壊された時に発動できる。
【効果】自分の墓地のモンスター(機械族)1体を選び、自分フィールドに表側攻撃表示で特殊召喚する。

イラストがとても可愛らしいカードで、おそらくカード化されるとおもわれます。

ドラゴニック・プレッシャーで破壊された特報マシン・タフロイドを再び特殊召喚しました。

ドラゴンズ・セットアッパーとドラゴンズ・アップセッター

ドラゴニック・プレッシャーによって召喚されました。ドラゴンズ・アップセッターを特殊召喚します。

ドラゴンズ・セットアッパーにより特殊召喚され、連撃竜ドラギアスにつなげました。

連撃竜ドラギアス

おなじみルークの切り札。今回はデッキの底に沈められたはずですが、竜の執念によりデッキをシャッフルされているため引き込むことができました。

特報マシン・タフロイドを攻撃したあと新聞部部長にダイレクトアタックし勝利をつかみ取りました。

生徒会長からはタフロイドを特殊召喚していなければドラギアスは連続攻撃ができなかったことを指摘されていますが、あくまで結果論。

ルークが勝利したことには変わりありませんし、ドラギアスを考慮してタフロイドを特殊召喚しない……ということはあまりないとおもいます。

新聞部は改心し、ラッシュデュエルの面白さを伝えることを約束します。

今回のデュエルは「ラッシュデュエルの奥深さ」を伝える内容なだけあって、かなり戦略性が高かったと思います。

新聞部部長のカードがどこまで実物カードになるか気になりますね。

【遊戯王セブンス】ヒロインのロミンが活躍! 3話 「ロミンの秘密」感想
セブンス世界でラッシュデュエルが広まりだすなかで 前回のデュエルが動画配信されたことによってラッシュデュエルのルールがセブンス世界の中で広まってきたところから話が進んでいきます。 3話のあらすじ せっかく公開したラッシュデュエルの動画...

コメント

タイトルとURLをコピーしました