【ラッシュデュエル】魔将ヤメルーラの評価 つまらないゲームにする失敗カード!

未分類

友人との対戦で使ってはいけないカード

召喚に成功したターンに表示形式を変更することで表側表示の間、次の相手ターンの終了まで、レベル7以上のモンスターをアドバンス召喚できなくします。

簡単に言えば「先に出した方の勝ち」となるカード

魔将ヤメルーラのステータスを素で突破できるモンスターは全てレベル7以上のため、出したターンに戦闘で破壊されることはほぼなく、仮に戦闘破壊できても出したターンは守備表示のため戦闘ダメージを与えるにも一工夫が必要です。

ラッシュデュエルのルールは5枚になるようにドローすることができるので、魔将ヤメルーラを召喚するのに失った分のカードは次のターンで回復できます

次のターンには失った分を取り戻せるので2体目の召喚する可能性も上がります

魔将ヤメルーラを出していないプレイヤーは2体のリリースが出来ないので手札を使う量が減り、ドローフェイズのドローできる枚数も減ります

結果的に先に出した方は一方的にアドバンテージを獲得し続ける事ができます

まさにゲームバランスを崩壊させるカードであり、友人にラッシュデュエルを勧めたい場合は自分が使えば自分だけが楽しむだけのカードとなり、友人が使えば友人がプレイしたいことでなく、魔将ヤメルーラを出すためだけのゲームをすることとなるので布教には全くオススメ出来ないカードです

対策カード

風使いトルネ+風神の加護

「トルネライン」を形成する最強のアタッカー、風使いのトルネを風神の加護で強化すれば戦闘で破壊することが出来ます。

ただし、魔将ヤメルーラに加えてもう一体モンスター、特に風使いトルネがいた場合は次のターンで風使いトルネは戦闘で負けてしまうので注意しよう

ドラゴニック・プレッシャー

最強の魔法カードといえるドラゴニック・プレッシャーでまとめて除去するという手があります。

ただし、条件が厳しいため魔将ヤメルーラを処理した後にすぐ出したいレベル7以上のステータスが2500以上のモンスターを出すのがほぼ不可能なため次のターンに魔将ヤメルーラを出されるとジリ貧になる点は気をつけよう。

それ以外の対策カードは攻撃宣言時や破壊された時等、条件があまりに受動的なため対策になりません

対策カードも完璧な対策カードとならないため魔将ヤメルーラを中心としたゲームは変わらないでしょう。

欠点

種族、属性、レベルにおいてのサポートが全て得られないため、専用デッキと組むと事故につながることがあります。

しかし、それを差し引いても余りある強さです。

名前がダサい

大会やCSで環境トップになるカードであるのに、「辞める」の言葉掛けからラッシュデュエルへの意欲をなくす印象持つ名前です。

第1弾、しかも発売前からのテキスト判明で印象が非常に悪くしてます。

せめて名前はどうにかならなかったのでしょうか。

レアリティが高く、高騰不可避

レアリティもパックの最高レアリティとなっており、ショップも様子見からシングルで出す可能性が非常に低いです

結果的に出回らないのに大会では持ってなければ勝つことはまず不可能なカードのため高騰は避けられないです。

 

 

コメント

  1. ツイッターから来ました より:

    記事を読ませて頂きました。
    数々の問題点の指摘、私も正にその通りだと思います。なぜ、こんなにも早く制圧系のカードを出すのか。そしてなぜ、この効果でステータスを異様に高く設定するのか。考えれば考えるほどこのカードに対して憤りを感じてきます。

    中でも私が一番憤りを感じるのは、アニメキャラのエースカードをこんな効果にした事です。
    実はこのカード、蒼月学人というキャラのエースカードなのです。公式での扱いを見るに彼は主要キャラで間違いないです。決闘も沢山するでしょうし、彼を真似してデッキを組む人も多く現れる事でしょう。このカードは彼のエースですので、デッキを組むにあたっては勿論必須になります。 しかし、当のこのカードの効果はご覧の有様。対人戦で確実に嫌われる効果なのです。好きなキャラのデッキで決闘したいだけなのにどうにも居心地が悪い……と、彼のファンが肩身の狭い思いをする事が今から不憫でなりません。こんな効果のカードを出すなら、せめてパックオリジナルのモンスターにそれを担わせて欲しかった。そう思わざるを得ません。

    正直、FWDの件から何も学んでない様に感じられてただただ残念でした。公式様にはもう少しエースカードというものを大事にして欲しいと思いました。

    長文失礼しました。

タイトルとURLをコピーしました